札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理をする際に弁護士に依頼するか、あるいは司法書士に依頼するか迷う人も多いと思いますが、この2つの違いはどこにあるのでしょうか?
特に初めて債務整理をする場合、債務整理に関する知識はもちろん法律専門家がどのような役割を担っているのかもよくわからないでしょう。
まずはじめに弁護士と司法書士のもっとも大きな違いはできる仕事の幅にあり、自分がこれから行う予定の手続きに応じて決めるのが一番いいと思います。
弁護士は基本的にすべての法的手続きの代行が可能で、書類作成はもちろん債権者との交渉や裁判所への同行など代理人業務に制限がほとんどありません。
一方で司法書士の場合140万円以下の民事事件を扱うのが一般的だと言われているため、借金問題に関わるときには裁判所への同行は難しくなります。
書類作成や債権者との交渉のみとなる任意整理であれば、弁護士・司法書士どちらでも構わないと思いますが、民事再生・自己破産となると裁判所が介入してくるため弁護士のほうが何かとメリットが多いと思います。
したがって任意整理なら信頼できる人であれば弁護士・司法書士どちらもおすすめできますし、民事再生・自己破産なら弁護士がおすすめです。
ただし任意整理の交渉がうまく進まなかった場合特定調停と呼ばれる裁判所が介入する債務整理に発展する可能性がありますので交渉の進め方には注意しなければなりません。