札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理は借金問題にとても有効な手段で、中でも任意整理は債務整理のスタンダードな手続きとなりますから利用する人も非常に多いです。
消費者金融などの貸金業者から起こった借金問題の場合、多くは任意整理によって解決されますし、こういった人たちにとっては債務整理とは任意整理のことだと思っている人も多いでしょう。
任意整理はうまく手続きを進めれば確実に借金の減額ができ、その後利息がつくこともありません。
さらに債権者からの取立てもなくなり、弁護士や司法書士が代わりに交渉もしてくれます。
このように大きなメリットのある手続きなので、借金問題を抱えている人にはまずおすすめされますし実際とても有効です。
しかしデメリットがないのかと言われれば、そうではなく任意整理をすることでできなくなることもあります。
まずはじめに任意整理に限らず債務整理をすると新たな借金ができなくなりますし、クレジットカードなどの利用も一定期間はできません。
その期間はおよそ5年間だと言われていますが、5年経過した時点で必ず利用できるわけではありませんのでこの辺はデメリットと言えるでしょう。
さらにほかの手続きと比べて安いとはいえ弁護士・司法書士費用がかかりますし、その後残った返済額の返済も続けていく必要があります。
このあたりも踏まえて、本当に任意整理を進めて解決できるのか依頼した弁護士・司法書士とよく相談してみてください。