札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理の中でも手続きがややわかりにくいと言われているのが民事再生で、これは債務整理の手続きの中でも少し異質なところがあります。
というのも民事再生は大幅な借金の減額を可能にするために裁判所へ申し立てを行い進めていくのですが、一般的に多額の借金を抱えている状態にも関わらずそれを返済可能な状態まで減額するのは難しいのではないか?という見解があるからです。
消費者金融などの貸金業者から借金をした場合、まず検討されるべき手段は任意整理でほとんどの場合この方法で解決することができますし、それができなければおそらく自己破産を選択するケースが多いでしょう。
民事再生は任意整理と自己破産の間に位置する方法で、よく2つの手続きのいいところを取ったものだと表現されますが実際はそれほど単純なものではありませんし、成立までの道のりも債務整理の中でもっとも長期化する可能性があります。
裁判所へ申し立てをした後には債務者の経済状況やお金の管理、今後の生活の見通しなどを一定期間調査され、それによって民事再生手続きが可能かどうかの決断が下されます。
したがって大幅な減額ができたとしても返済能力がないと判断されれば成立は見送られますし、そうなるとそこまでかかった費用も無駄になってしまいます。
このような性質上民事再生は成立までの期間がほかの債務整理手続きよりもやや複雑で、いくつかの段階を踏んで進めていくようになります。