札幌借金相談を匿名で解決!

民事再生は債務整理の一種で、住宅ローンを除いた5000万円以下の借金を減額することができ、さらに財産を手放さなくてもいいという条件があるためメリットは非常に大きいと言えます。
しかし反面デメリットも大きいのが特徴で、これはもともとの借金の額が大きいことが関係しています。
まず民事再生は借金の減額が可能でも返済義務がなくなるわけではありませんので、その後の返済は続けていかなければなりません。
もちろん任意整理と同様に金利分などはカットされますので一定の額を毎月返していけば確実に返済を終えることが可能です。
ただし返済期限が最大で3年間と決められているので、それまでに完済できるような返済計画を立てていかなければならないので当然月々に返済する額はもともとの借金が多ければ負担も大きくなります。
またほかの債務整理と同じように成立後5年から10年間はその他の金融商品の利用が制限されるため、ローン契約はもちろんクレジットカードの契約もできなくなります。
つまり生活を維持することは可能でも、生活に支障がないレベルで返済ができるわけではないということですから確実に返済の見通しが立っていなければ自分の首を絞める可能性もあるのです。
債務整理はいずれもデメリットがあるものですが、民事再生はその中でも特に慎重に進めていく必要があるでしょう。
弁護士とよく相談し、自分の経済力や今後の立て直しの有無も含めて十分に検討してほしいと思います。