札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理をする際には自分に向いている方法は何なのかきちんと見極めることが大切になりますが、その中でも民事再生を申したてるときにはより慎重になる必要があります。
民事再生は債務整理の中ではメリットが多い反面コストもかかりますし、成立までの期間も長くなるからです。
それでは民事再生に向いているケースとはどういったケースが考えられるのでしょうか?
まずはじめに民事再生は5000万円以下の借金を最大5分の1まで減らすことができますが、減額後の返済を確実に行うという意味で借金があっても安定した収入源が確保できていることが絶対条件になります。
また財産を残しておきたい、住宅ローンや自動車ローンを払い続けたまま返済を続けていきたい人にもおすすめです。
一般的に借金がある状況で返済をしながらローンも支払っていくのはかなり難しいかもしれませんが、それが可能な状況であればほかの債務整理を選択するよりはその後の生活も楽になるでしょう。
そして民事再生をするということだけにこだわるのではなく、もし返済が厳しそうだなと思ったら自己破産も検討すべきでしょう。
この点は弁護士の見解も聞きながらじっくりと検討してほしいと思いますし、実際に民事再生で成功したケースというのも参考にするとより先のビジョンを持って手続きに踏み切れるのではないでしょうか?
メリットを最大限生かすためにも債務整理それぞれの特徴を把握することは大切です。