札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理と聞くとややネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、その中でも自己破産には抵抗がある人も多いのではないでしょうか?
しかし自己破産は債務整理の最後の手段であり、人生を再建するためにはとても重要な手続きですから決してネガティブにとらえる必要はありませんし、実際に手続きをしてよかったという声もたくさん聞かれます。
それでは自己破産とはどういった手続きで、どのように進めていけばいいのでしょうか?
まず端的にいうと自己破産の目的は返済義務そのものをゼロにするための手続きであり、返済能力がない状況の場合に選択するのが一般的です。
申し立てをする際にもその点は必ず調査されますし、そこでまだ返済能力があると判断されれば成立することはありません。
手続きの進め方は裁判所へ自己破産の申し立てを行い、その際に提出される書類をもとに最終的に決断を下します。
債権者側への通知の必要がないため、債務者と裁判所のやり取りのみで進められるので時間も民事再生より短く済みます。
ただし必要な書類が多いことや、その後の制限もありますので個人で手続きを進めるのは難しいですから必ず弁護士に依頼するようにしてください。
債務整理を行う場合弁護士費用が減額になったり、免除になるケースもありますので弁護士費用の支払いに不安がある場合ははじめに相談機関にその旨を話してから弁護士の依頼という流れで進めていくといいでしょう。