札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理はどの方法もメリットがありますが、必ずデメリットもあります。
中でも自己破産は返済義務がなくなるという大きなメリットがある代わりにデメリットも多いですから、その点を必ず確認してから手続きを進めるようにしてください。
まず自己破産をすることによって生じる大きなデメリットのひとつに所有する財産を手放さなければならないという点があげられます。
これは住宅や自動車はもちろん、土地や株券、貴金属など財産と呼べるものはすべて該当します。
とは言ってもすべての財産を手放してしまうと自己破産がうまくいったとしても、その後の生活ができなくなってしまいます。
そこで最低限の生活ができるだけのものは残しておくことが許されており、現金の場合およそ3か月分、そして衣類や家電製品など生活するうえで欠かせないもの財産であっても手放す必要はありません。
さらにほかの債務整理のデメリットと同様に新たな金融商品の利用はおよそ5年から10年は制限されます。
ひとつ注意しなければならないのが住宅ローンをまだ支払っている途中の場合、連帯保証人を立てていると自己破産したことによってその人に返済義務が移ります。
ですから自己破産をするときには連帯保証人にその旨を伝えておかなければなりませんし、それが難しい場合は売却するなどできるだけ負担のないようにしておく必要があります。
このようにメリットとデメリットがはっきりしているため、自己破産は債務整理の中でも最終手段と言われています。