札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理成立後、ほとんどの人が大きな安堵感を持ち心の余裕が生まれてくると思います。
長きにわたって苦しめられてきた借金問題から解放され、いよいよ新しい人生のスタートを切るわけですからその気持ちも大いに理解できます。
しかし債務整理はあくまでも通過点であり、ゴールではないことをきちんと認識してその後の人生に生かしていかなければなりません。
まず任意整理や民事再生の場合、多くはまだ返済が残った状態になるはずですから、成立後も返済は続けていくことになります。
もちろん金利の負担もなくなりますし、返済も弁護士や司法書士に直接行うので気持ちの面では楽だと思いますが、そこで再度つまずいてしまうとさらに大変なことになります。
ですから成立後はさらに気を引き締め、新たなチャンスを得たと思って今度こそきちんと完済するという強い決意を持って返済していきましょう。
また自己破産をした人は返済義務自体がなくなるわけですが、財産もなくし文字通りゼロから生活を立て直していかなければなりません。
ときには金銭的に苦しくなることもあるかもしれませんが、節約しながら生活を立て直すことに専念してほしいと思います。
自己破産は免責が降りて7年間は申し立てすることができませんし、任意整理や民事再生も茨の道となるはずです。
そのような事態にならないためにも、無駄なお金を使わずにしっかりと管理しながら生活していきましょう。