札幌借金相談を匿名で解決!

債務整理は借金問題を抱えている人にとって大きな助けになる方法で、そのメリットは至るところで伝えられていますがデメリットに関してはそれほど伝えられていません。
中には債務整理のデメリットについてまったく知らない人もいて、手続きを開始してから気付く人もいるようです。
確かに債務整理は借金問題をスムーズに解決するにはもっとも最善策だとは思いますが、デメリットも存在することを覚えておいてください。
まず債務整理のデメリットとして一番大きいのが、その後新たな借金ができなくなるだけでなくクレジットカードなどの金融商品の利用が一定期間できなくなるという点です。
たとえば債務整理が成立したら、その情報は信用情報機関に登録されおよそ5年程度は消えないと言われています。
信用情報機関はキャッシングやカードローンの審査はもちろんクレジットカードや住宅ローン、自動車ローンの審査時にも使われる期間ですからここで金融事故があった情報が残っていれば新たに金融商品を利用できる確率は限りなく低くなるでしょう。
つまり債務整理をするイコール自分自身の信用も一定期間なくなることだと思っておいてください。
さらにこの期間は一部の国家試験の所持・取得も制限されるため、該当する人は資格をはく奪されます。
このように債務整理はメリットだけでなくデメリットもあるということをしっかり頭に入れ、そういったリスクがあっても解決したいという人に向いている手段なのです。